矯正歯科 | 秋葉原原田歯科クリニック |秋葉原駅より徒歩1分の歯医者

秋葉原駅より徒歩1分の歯医者|秋葉原原田歯科クリニック

     
秋葉原駅より徒歩1分の歯医者|秋葉原原田歯科クリニックへの電話予約・お問い合わせ

矯正歯科

歯並びが気になる方へ

歯並びが気になる方へ

現在、歯科矯正の治療法が大きく変わってきているのをご存知でしょうか。

以前はほとんど全部の歯に金属の装置とワイヤーをつけて、しかも2-3年の期間をかけて矯正治療をおこなっておりました。
しかし、現在は透明で柔らかいマウスピースを装着するだけで矯正ができるようになったのです。
特に「前歯だけ」「歯を抜かない」治療を得意としており期間も概ね3ヶ月から半年と短い治療期間で可能になりました。
そのおかげで今まで「矯正を迷っていた患者様」が矯正治療へと気持ちを動かし「綺麗な歯並び」が得られ明るく楽しい人生を送れるようになったという言葉をよく聞くようになりました。

前歯部だけの矯正から全顎的な矯正まで対応しておりますので、無料のご相談だけでも受けらることをおすすめいたします。
きっと「思い切り歯を見せて笑える」ようになることと思います。
前歯部だけの矯正の場合は「インビザラインiGOシステム」を応用いたします。

  • 歯の隙間が気になる

    歯の隙間が
    気になる

  • 口が開いてしまう

    口が
    開いてしまう

  • 中心がずれている

    中心が
    ずれている

  • 歯が入り組んでいる

    歯が
    入り組んでいる

  • 歯が斜めに出ている

    歯が斜めに
    出ている

  • 下の歯が目立つ

    下の歯が
    目立つ

  • 横からの見た目が気になる

    横からの見た目
    が気になる

できる限り
歯を抜かない矯正

できる限り歯を抜かない矯正

健康な歯を抜いて矯正することは決して良いこととは言えません。
明らかに抜いた方が良い時は 別として「出来るだけ抜かないで矯正」することを心がけております。
矯正治療の担当医は10年以上にわたり矯正治療の経験のある徳永先生が担当いたします。
原田歯科クリニックにおいての矯正のメリットは虫歯、歯周病、クリーニング、抜歯などの矯正以外で必要になってくる治療においても当院での治療が可能という事です。
矯正治療以外のことで心理的、時間的なストレスがありませんので安心して矯正治療が受けられます。

インビザラインの特徴

透明で目立たない
素材

装置をつけている時でも透明な樹脂であるため目立たず周囲の人に気付かれることがほとんどありません。

着脱が
簡単

ご自分で装置を着脱できるためお食事の時や歯磨きの時などに外すことができます。矯正治療の途中で虫歯が見つかってしまっても治療が可能です。

違和感が
少ない

金属の装置やワイヤーを使った治療法に比べ間違いなく「違和感が少ない」です。また、素材自体がとても柔らかいためストレスも少なくなります。

発音の障害が
少ない

装置の厚みが0.5mmと非常に薄くできているので違和感が少ないため他の矯正装置を入れた時と 比べて発音の障害になりにくいです。

治療の適応症の
範囲が広い

上顎の前歯が出ていたり、逆に下顎の前歯が出ているなどを含め治療可能な範囲がかなり広いです。

世界レベルでの
実績

日本だけではなく世界レベルでの実績があり信頼されている治療法です。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)で治療が可能な歯列不正の一覧

※これらの画像は実際の患者様のものですが、治療後を確定するものではありません

出っ歯(上顎前突)の矯正治療

前歯が前方に突出してしまっている噛み合わせです。
唇をうまく閉じることができなかったり前歯で物をかみ切ることができないような事が多く、審美的にもあまり好まれません。

出っ歯(上顎前突)の矯正治療

上下顎前突の矯正治療

上の歯と下の歯の両方が前に出てしまっている噛み合わせです。
横顔から見ると口元が突出したように見えるため、審美的に不安に思われる方が多くいらっしゃいます。

上下顎前突の矯正治療

下顎前突(受け口)の矯正治療

下の前歯が上の前歯よりも前に出てしまっている歯並びです。反対咬合や受け口とも言われます。
骨格的に下顎が大きい場合や、歯の生え方が逆を向いてしまっている場合があります。
機能的には奥歯に負担がかかりやすく臼歯を早期に失うリスクがあるという報告もあります。

下顎前突(受け口)の矯正治療

でこぼこの歯並び(叢生)の矯正治療

歯が歯列に収まり切らずに捻じれたり押し出されたりしている状態です。専門的には叢生と言います。
このタイプは日本人の不正咬合の中で最も多いと言われています。
隙間のケアがうまくできず虫歯や歯周病になりやすい、歯の向きがバラバラなので悪くなった歯の治療が難しいといった問題があります。

でこぼこの歯並び(叢生)の矯正治療

前歯部開咬(オープンバイト)の矯正治療

前歯が噛み合わず奥歯だけが当たってしまっている状態です。
非常に奥歯に負担がかかりやすいため、奥歯を喪失しやすい噛み合わせだと言われています。
また虫歯治療後の修復物も破損しやすいという特徴があります。
治療のメカニズム上、マウスピース型装置が向いている歯列不正です。

前歯部開咬(オープンバイト)の矯正治療

すきっ歯(空隙)の矯正治療

歯と歯の間に隙間が空いてしまっている状態です。専門的には空隙間歯列と言います。
原因はさまざまですが比較的、矯正治療しやすい歯並びですがその分後戻りもしやすいと言われています。
成人では歯周病や噛み合わせの影響で後天的に隙間ができることもあります。

すきっ歯(空隙)の矯正治療

歯列矯正治療の流れ

  1. Step.1初診相談

    患者様のご希望、お悩みをお伺いいたします。
    マウスピース型カスタムメイド矯正(インビザライン)治療に必要な検査についての説明、今後の流れについてご説明をさせていただきます。

    スケーリング
  2. Step.2検査

    患者様のお口の状態を把握するために、口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯型の印象採得を行います。
    検査後に3Dのデジタル歯列が完成します。理想的な歯になるよう 治療のシミュレーションを行い、今後の治療計画と期間を決定していきます。

    スケーリング
  3. Step.3打ち合わせ

    検査の約1ヶ月後に診断と検査の結果をお伝えいたします。
    治療プログラムを元に治療計画と期間についての説明を行います。
    ご不明な点がございましたら遠慮なくお尋ねください。
    治療計画と期間について納得いただきましたら、契約書類をお渡しいたします。

    スケーリング
  4. Step.4お支払い

    費用やお支払いについて詳しくご説明いたします。

    スケーリング
  5. Step.5装置の発注

    治療プログラムの完成と治療費のお支払いを確認後に、発注を行います。

    スケーリング
  6. Step.6治療開始

    マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)をお渡しします。

    スケーリング
  7. Step.7矯正方法

    1日20時間を目安にマウスピースを装着していただきます。
    1週間から2週間ごとに患者様自身で次のステップの装置に交換をしていただきます。
    クリニックには1.5ヶ月から3ヶ月ごとの来院をお願いしておりますが、もし遠方などによる原因でご来院が難しい場合はZoomなどのオンラインでの診療を行わせていただきます。
    ご来院時は口腔内の状態を確認してまいります。
    適合状態の確認、口腔内写真の撮影、噛み合わせや歯の動きなどをチェックし、次回ご来院までの装置をお渡ししております。

    スケーリング
  8. Step.8治療終了

    歯並びに問題がなければ、歯並びを保定するためのリテーナーと呼ばれる保定装置を装着します。 歯を動かす必要がある場合は追加の装置を製作いたします。 特殊な場合を除き追加の費用は必要ございません。

    スケーリング
  9. Step.9治療後のメインテナンス

    矯正治療は歯並びの改善後の維持がとても大切です。 矯正が終わった後も保定用のマウスピースを装着していただきます。 半年から1年ごとに通院し、歯並びや噛み合わせのチェックを行ってまいります。 矯正後の歯並びを美しく保てるよう、患者様のお口の状態をサポートしてまいります。

    スケーリング

歯列矯正料金

前歯部のみの矯正(インビザラインiGOシステム)
350,000円(税別)
前歯部のみの矯正 精密検査費用
30,000円(税別)
全顎的な矯正
700,000円(税別)
全顎的な矯正 精密検査費用
50,000円(税別)
マウスピース型リテーナー 初回無料 再製作片顎
2,000円(税別)
fixリテーナー 1装置
6,000円(税別)
ホワイトニングジェル 1ヶ月分
5,000円(税別)

毎回の調整料金は無料ですが虫歯、歯周病予防のためのクリーニングはお願いしております。

AIで矯正治療後の自分を体験できるようになりました!

AIで矯正した姿が見られます時間は1分、スマホで矯正治療後の自分を見てみませんか?
インビザライン(Invisalign)社がAIにて矯正治療後の歯並びを自動生成するソフトを開発いたしました。御自分の笑顔をスマートフォンで撮影していただくだけで矯正治療後の状態を見ることができます。
今までなんとなくこんな感じになるんだなと感覚的に感じるしかできなかったことを写真上で実際に体験することができます。 右側のQRコードをスマートフォンで読み込むと開始できます。PCでは対応しておりません。

矯正歯科に関する
よくある質問

Q.歯並びが悪い自覚はありますが日常生活に困っていません。治す必要はありますか?
A.
“8020運動”をご存知ですか?これは1989年より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳のなっても20本以上の歯を残そう」という運動です。
この運動から得られた統計を分析したところ、しっかりと歯が残っていた人のほとんどが良い歯並び、噛み合わせであったことが分かっています。
歯並びが悪くても自覚症状がないことはよくありますが、心身の健康のために矯正治療を選択することは十分に意義があるのではないでしょうか。
Q.治療期間はどのくらいかかりますか?
A.
治療を受けられる方の年齢や噛み合わせの状態、虫歯や歯周病の既往によって期間は変わります。目安としては部分矯正で6ヶ月から1年6ヶ月、全体矯正で1年6ヶ月から3年を考えておくと良いでしょう。
Q.痛みはありますか?
A.
矯正治療には多かれ少なかれ痛みを伴います。
この痛みは歯の根っこ(歯根)に力が伝わり、歯が顎の中を動く際に生じる痛みです。
従って常に痛いわけでもありません。矯正治療の調整を受けた後おおよそ2~3日くらいで痛みは弱まってきます。
また矯正器具の種類としてはワイヤー矯正よりもマウスピース矯正の方が痛みは少ないようです。
Q.矯正のために歯を抜く必要はありますか?
A.
精密検査を行なった上で、患者様の希望を叶えるため、また歯と顎のバランスを整えるために抜歯をお勧めすることがあります。
矯正をするために必ず歯を抜かなければならないということはありません。
きちんとご説明し、ご理解を得られた場合には抜歯を行うことがあります。
Q.歯磨きがしにくそうですが矯正治療中に虫歯や歯周病になることはありますか?
A.
ワイヤーなど固定式の矯正治療の際には歯磨きが難しくなります。
マウスピース矯正であってもアタッチメントという突起をつけるため、いつもと同じようにというわけにはいきません。
お口の健康のための矯正治療なのに虫歯や歯周病になってしまうことは非常に残念なことです。
当院では矯正治療開始前に虫歯や歯周病を全体的な検査を行い、矯正治療中は毎月クリーニングを受けていただくことで虫歯や歯周病のリスクを抑えるよう工夫しております。
ページトップへ