東京 インプラント 原田歯科

歯周病治療

歯周病 東京 インプラント 原田歯科
秋葉原駅徒歩1分  TEL:03-3865-8224
 
トップページ治療内容医院案内ドクター紹介治療費用ブログ&お知らせアクセスお問い合わせ



歯周病治療

30代以降の日本人の80%以上が歯周病にかかっているという現実

年代別歯周病にかかっている人の割合

歯周病とは、歯の周りの組織(歯肉・歯槽骨)に起きる病気です。歯垢(プラーク)の中の細菌が歯周組織を攻撃すると、歯肉が腫れたり歯槽骨を吸収したりする反応を起こし細菌から身体を守ろうとします。そうした状況で歯垢(プラーク)が除去されないままでいると、歯周組織は細菌の浸食と自らの防御反応の両方によって破壊されてしまい、結果として歯が抜け落ちるというような事態になってしまうのです。

ほとんどの方は、この歯周病という病気について聞いたことがあると思いますが、その多くの方は自分とは関係のない病気だと考えてらっしゃらないでしょうか?

しかし現実は違います。歯周病は、30代以降では80%以上もの人がかかっている病気なのです。これを読まれているほとんどの方に関係する病気です。

「30代以降で80%以上と言われてもピンと来ないなぁ」と思われる方もいらっしゃると思います。実はほとんどの方がそのように思ってしまうことが、この歯周病という病気が恐ろしいことを物語っているのです。


歯周病=自覚症状がない沈黙の病
歯周病は、虫歯のように耐えられないような痛みが出るなどのわかりやすい自覚症状がありません。別名「沈黙の病」とも言われており、気づかないうちに深刻な状況にまで病状が悪化してしまう病気なのです。

実際、当院にいらっしゃった患者様でも、歯が痛むので虫歯の治療をして欲しいという訴えでいらっしゃった方が、実は重度の歯周病にかかっていたというケースが多々あります。自分が歯周病にかかっているということに気づかず、わかった時にはもう抜歯するしかないほど深刻な状況に陥ってしまうということも当然起こりえるのです。


歯を抜かなくてはならなくなった原因のワースト1「歯周病」
歯を抜かなくてはならなくなった原因のワースト1「歯周病」

こちらの図を見て大変驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。しかしこれが事実です。歯を抜くことになる一番の原因は歯周病なのです。日本人の歯(永久歯)の平均残存数は50歳で24本、60歳で21本、70歳で15本といわれているので、日本人のほとんどは歯周病での抜歯を経験しているか、もしくは将来的に経験することになるかもしれないのです。

しかし、ここまでデータが出ているにもかかわらず、ほとんどの方は歯周病という病を対岸の火事のように認識しています。そして、実際には歯を抜かざるを得ないような状況になるまで放置してしまうのです。その結果が、北欧のような予防先進国と比べた場合の天然歯の残存歯数の差に現れてしまっているのでしょう。

そういう意味でも、歯周病は本当に恐ろしい病だと言えます。

こちらのページでは、どうして歯周病にかかってしまうのか、歯周病がどれほど恐ろしい病か、そしてどうすれば歯周病にかからないでいられるかをご説明いたします。それをきっかけに、歯周病に対する考え方を変えていただき、しっかりとした対応をしようと思って頂ければ幸いです。


歯周病の原因について


ご予約・お問い合わせ