東京 インプラント 原田歯科

歯周病の予防

歯周病 東京 インプラント 原田歯科
秋葉原駅徒歩1分  TEL:03-3865-8224
 
トップページ治療内容医院案内ドクター紹介治療費用ブログ&お知らせアクセスお問い合わせ



歯周病の予防

歯周病の予防こそが一番効果的な歯科治療です!


様々な歯周病の治療方法についてご説明を申し上げてきましたが、それらのどの処置よりも効果的な処置をご紹介いたします。「予防」です。

「そんな大変な…」と思われるかもしれませんが、どんなに最先端の治療方法が出てきたとしても、「予防=最も効果的な治療」ということは揺るぎのない事実なのです。

そして、歯周病の予防が完璧に出来ていれば、その他の疾患もしっかりと予防することが出来るのです。歯周病の予防ができていれば、虫歯になることもありません。歯周病が原因で歯が抜けてしまうこともないので、インプラントをする必要もなくなります。

日頃からの意識を少し変えるだけで、後に来るであろう大きな治療の精神的負担、金銭的負担から解放されるのです。

歯周病の予防、始めてみませんか?

自宅で出来る歯周病予防!
歯周病の予防において、一番頑張っていただかなければいけないのは、我々歯科医師ではなく患者様個人です。どれほど私どもが最先端の治療技術を持っていたとしても、患者様ご自身での努力がなければ歯周病を防ぐことは出来ません。

とても大げさに言っていますが、慣れてしまえばそれほど面倒くさいことでもない処置ですので、早めに習慣化してしまい無理なく続けられるようにしてしまいましょう!


正しい歯の磨き方を学んで、しっかりプラークコントロール


歯磨きは一体なんのためにやるのか。口の中に残った食べかすをとる目的もあります。
口臭を防ぐという目的もあるでしょう。しかし、一番重要なのは「歯垢」を落とすということです。歯の表面にこびりついてしまった歯垢を、一本一本丁寧に磨きながら落としていく。

簡単なことのようですが、実はこれがなかなか難しいのです。
正しい歯の磨き方を学んで、しっかりプラークコントロール
治療を始めたばかりの患者様に、普段どおりに歯を磨いてみてくださいと言うと、ほとんどの患者様がブラシを横に大きく動かしてかなり強い力で歯にブラシを押し当てて磨いています。これでは、肝心の毛先が歯の表面に当たらず、こびりついた歯垢もとることが出来ないのです。歯ぐきだって傷つけてしまいます。

コツさえ覚えてしまえば「歯垢をとるための歯磨き」はすぐにマスターすることが出来ます。個々のお口の状況に応じて注意する点も若干異なりますので、歯科衛生士に正しい磨き方を学んで、日常的なケアに取り組んで頂ければと思います。

歯科医院で行う歯周病予防!
患者様が自宅で行う処置なくして歯周病の予防は成立しませんが、実は、歯科医院での処置なくしても歯周病の予防は成立しないのです。

「こんなに予防の努力をしているのに…」と思われる方もいるかもしれません。何故自分での処置だけではいけないのか。

それは、「歯石」と「歯周ポケット」に原因があります。


歯ブラシでは決してとることが出来ない“歯石”


歯ブラシでは決してとることが出来ない“歯石”

歯垢が固まり歯石となってしまうと、
歯ブラシでは除去することが出来ません
歯石とは、歯垢が石灰化して固まりとなったものを言います。実はこれ自体にはなんの毒性もありません。

では何故歯石を取らなければいけないのか・・・それは、歯石は細菌が繁殖するのに最適な場所であり、またブラッシングから細菌を守る防御壁にもあるからです。

歯石は軽石のように空洞がある構造となっているので、その中に細菌が入り込んでしまいます。そして、そこに入り込んで繁殖する細菌は、ブラッシングをしても届かないので、除去出来ません。

そうして繁殖した細菌はどんどん歯周組織を侵食していってしまいます。
これを防ぐために歯石は除去されなければいけないのです。

しかし、質が悪いことに、歯石は歯にかなりの固さで付着してるので、歯ブラシでは決して取ることが出来ません。ですので、専門器具を除去するために、歯科医院での処置が必要なのです。

「毎日歯を磨いていれば歯石なんてつかないんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、残念ながらどんなに丁寧に歯を磨いても、ブラシだけでは落とせない汚れがあり、それが歯石となってしまうのです。

ですので、丁寧に歯磨きをされている方でも定期的なクリーニングが必要となります。


歯ブラシの毛先が届かない深さの歯周ポケット


歯と歯茎の間には、少しの隙間があります。これが「歯周ポケット」と呼ばれているものです。正常な歯ぐきの状態であればだいたい3mm以下の深さになっているのですが、歯周病が進行してしまっていると4mm以上の深さになってしまいます。

こうなると問題が起きてきます。実は歯ブラシの毛先は歯周ポケットに入ったとしても3mmより奥の歯垢をかき出すことは出来ないのです。

ですので、4mmより深くなった歯周ポケットの奥の歯垢は専門器具でないと除去が出来ません。

そのため歯科医院でのクリーニングが必要となるのです。
歯ブラシの毛先が届かない深さの歯周ポケット

歯が溶け歯周ポケットが深くなると、
歯ブラシの毛先では届きません。


専門器具によるプロの歯周病予防〜PMTC〜


専門器具によるプロの歯周病予防〜PMTC〜01専用のペーストを歯の表面に塗り、ブラシを使いプラークを除去していきます。

専門のペーストを歯の表面に塗り、カップを使い歯の表面をツルツルに仕上げていきます。専門器具によるプロの歯周病予防〜PMTC〜02

専門器具によるプロの歯周病予防〜PMTC〜03歯と歯の間の狭い部分は、先の細いチップを使い、表面をツルツルに仕上げていきます。

PMTCとは、毎日の歯磨きでは落とすことの出来ない汚れを専門器具を使用して落とすクリーニングのことを言います。

歯石取りなどの歯周病治療が完了している患者様に定期的に処置を施し、歯垢・歯石が付着しにくいツルツルの歯を維持するために行います。

歯石取りなどと違って、痛みなどは少ないので、是非とも安心して処置にいらしてください。


歯周病と健康について


ご予約・お問い合わせ