東京 インプラント 原田歯科

歯周病の原因

歯周病 東京 インプラント 原田歯科
秋葉原駅徒歩1分  TEL:03-3865-8224
 
トップページ治療内容医院案内ドクター紹介治療費用ブログ&お知らせアクセスお問い合わせ



歯周病の原因

30代からの急激な抵抗力の低下 そこに潜む歯周病の危機



何が原因で歯周病は引き起こされるのでしょうか?答えはいたって簡単です。歯周病は細菌によって引き起こされる病気なのです。歯の表面に付着している歯垢(プラーク)中の細菌が歯周組織を攻撃することによって、炎症が起き破壊されるということが起こるのです。

しかし、この説明だと腑に落ちないことがあるはずです。どうして「30代以降の80%以上」が歯周病にかかっていて、10代や20代はかかっていないのか。ここに知らず知らずのうちに歯周病が蔓延してしまう秘密が隠されています。

実は、人間のお口の中の環境というのは、30代を境にして一変します。細菌などに対する抵抗力が一気に落ちるのです。10代20代では、歯医者にも行かず、適当なブラッシングだけでもなんとかコントロール出来ていた歯周病菌が、30代になって抵抗力の落ちたお口の中では猛威をふるい始めるのです。そのお口の中の変化に気付かず、20代と変わらぬお口のケアを続けた結果、30代で歯周病にかかってしまうことになるのです。

上の図は「歯周病治療」のページの図に免疫力低下のグラフを追加したものです。
免疫力の低下と反比例して歯周病患者の数が増えているのが一目でわかります。


自覚症状がなくてもなるべく早めの歯周病リスクのチェックを
歯周病のかかりやすさというのは個人差があります。これは先天的なもので、治療をしたからといって改善されるものではありません。

歯周病に対して適切な処置をするためには、まず何よりも先に自らの歯周病リスクについて知ることが必要です。自分は歯周病にかかりやすいのか、それともある程度抵抗があるのか。それを知ることによって、どの程度のレベルのメインテナンスが必要なのか、どれくらいの頻度で歯科医院に通うべきかなどが決まってきます。

30代以上の方で、自らの歯周病リスクがわからないという方は、今すぐ歯科医院に行きチェックをすることをオススメいたします。
20代以下の方でも、なるべく早い段階で歯周病リスクについて知ることはとても良いことです。

自分の歯周病リスクを知ることによって、来るべき、もしくはもう既に来てしまっている歯周病に対処しましょう!!


歯周病の症状について


ご予約・お問い合わせ