東京 インプラント 原田歯科

親知らず

東京 インプラント 原田歯科
秋葉原駅徒歩1分  TEL:03-3865-8224
 
トップページ治療内容医院案内ドクター紹介治療費用ブログ&お知らせアクセスお問い合わせ



親知らず

しっかり状態を見極め、抜くか抜かないかの適切な判断を医師に

親知らずとは
親知らずのレントゲン写真

親知らずのレントゲン写真
親知らずとは、前の歯から数えて8番目に位置する奥歯のことを言います。他の歯とは違い、生えてくるのが20歳前後と遅いことが特徴です。最大で上下左右の奥に4本生えます。昔の人は顔が大きく顎も広かったため、親知らずが生えてもそれほど問題はなかったのですが、現代日本人は顔が小さくなり顎も狭くなっているため、生えてきた際に何かと問題が起きてしまいます。
ちなみに、「親知らず」という言葉の語源はその生える時期の遅さに関わります。昔の人は平均寿命が40歳前後と短く、ほとんどの親が、自分の子どもが20歳前後になり、奥歯が生えるのを見ることが出来ませんでした。そこから「親が見ることが出来ない歯」から転じて「親知らず」となったのです。


親知らずを抜かなければいけない理由
上の項でも触れたとおり、顎が広かった昔の人であれば、親知らずはそれほど問題を起こす歯ではありませんでした。しかし、顎の狭い現代日本人では、以下のような問題を起こしがちなので、一般的に親知らずは抜かなければいけないと言われています。


1.衛生的な問題


生え方によっては、その歯、また隣接する歯が磨きづらくなり、ケアが不十分になってしまいます。

結果として虫歯や歯周病になってしまうのを防ぐために前もって抜いておく必要があります。
衛生的な問題


2.歯並び、噛み合わせの問題


水平方向に生えた場合など、正常な他の歯を動かすことになり、噛み合わせに異常をきたすことになってしまいます。それを防ぐために抜歯する必要があります。


抜かなければいけない状態にまで達してしまった親知らず
さらに、具体的にこのような状態になってしまった場合は抜かなければいけないというものが下記になります。
  • 虫歯が神経にまで達していて治療が出来ない状態
  • 腫れや痛みが繰り返し起き、それがだんだんと強くなってきた状態
  • 顎関節症になってしまった場合
親知らずを抜かなくても良い場合
しかし、だからと言って、必ず親知らずを抜かなければいけないかというとそういうわけではありません。親知らずが生えていたとしても、以下のような場合であれば抜く必要はありません。
  • 正しく垂直方向に生えていて虫歯もない場合
  • ブラッシング等のケアが正常に行えて、虫歯や歯周病もない場合
  • 腫れや違和感がそれほどでもない場合
問題のある親知らずを抜かずに放置しておくと・・・
親知らずには抜かなければいけないものとそうでないものがあることは説明しました。
しかし、中には抜かなければいけないのはわかっているが、どうしても歯を抜くのが怖いと言って先延ばしにしてしまっている方もいらっしゃるでしょう。
問題のない親知らずならば良いのですが、問題がある親知らずの場合、以下のような弊害が起こる恐れがあります。
  • 噛み合わせ異常によって頭痛や肩こりが起こる
  • しっかりとしたケアが出来ないため口臭が発生する
  • 歯並びが悪くなる

ご予約・お問い合わせ